入園案内

年少組 (3 歳児 ) 平成 19 年 4 月 2 日~平成 20 年 4 月 1 日生まれ   受付終了
年中組 (4 歳児 ) 平成 18 年 4 月 2 日~平成 19 年 4 月 1 日生まれ   若干名
年長組 (5 歳児 ) 平成 17 年 4 月 2 日~平成 18 年 4 月 1 日生まれ   若干名
上記募集人数には弟妹入園枠(優先受付)を含みます。
平成20 年 4 月 2 日以降生まれの 3 歳未満児も3 歳誕生日後から途中入園できます。
平成 22 年 10 月 1 日(金)午前 8 時 30 分より受付けます。
5,000円 (申し込み時一回限り) 13,000円(申し込み時一回限り)
18,800円 (兄姉は2,000円割引)
毎月 施設設備整備費  1,000 円
毎月 通園協力費  3,000 円(通園バス利用者のみ)(兄姉は1,500円割引)
毎月 PTA会費  500 円
毎月 行事費 年長組 900 円 年中・年少組 600 円
給食・肝油代は実費(@ 260 円×その月の給食回数) ※単価は平成22年8月現在
但し 遠足代、温水プール、年長の宿泊保育は別途実費徴収
※但し、上記は急激な社会状況の変化に伴い、やむを得ず変更する場合があります。
※用品・教材一式の平均購入額…約40,000円。
私立幼稚園(市外幼稚園も含む)に満 3歳児(満3歳に達した月から対象)、3歳児、4歳児、5歳児を通園させている一宮市内在住の家庭について、保育料・入園料の減免を目的とした私立幼稚園 就園奨励費を下記の補助基準(従来条件または新条件)により幼稚園を通じて補助します。
補助基準に該当する方は、保育料等減免措置に関する調書に必要事項を記入し、幼稚園へ6月15日(火)までにご提出ください。認定減免額は9月末頃に幼稚園を通じてご連絡します。
明らかに補助基準を超え減免に該当しないという世帯は、平成22年度幼稚園就園奨励費補助辞退届に必要事項を記入し、幼稚園へ同様にご提出ください。
なお、この補助は幼稚園教育の振興と充実を図るため、国(文部科学省)の幼稚園就園奨励費補助金の交付を受けて実施するものです。
<従来条件>
平成22年度の補助基準は以下のとおりです。(私立幼稚園就園奨励費補助金は幼稚園を通じて補助されます)
補助区分
補助額(年額・円)
第1子
第2子
第3子以降
1 生活保護世帯
220,000
260,000
299,000
2 平成22年度に納付すべき市民税または市民税所得割額が非課税となる世帯
190,000
245,000
299,000
3 平成22年度に納付すべき市民税所得割額が34,500円以下となる世帯
106,000
203,000
299,000
4 平成22年度に納付すべき市民税所得割額が183,000円以下となる世帯
43,600
172,000
299,000
第1子:一人だけ就園している園児、及び同一世帯から二人以上就園している場合の最年長園児
第2子:同一世帯から二人以上就園している場合の次年長園児
第3子以降:同一世帯から三人以上就園している場合の上記以外の園児
※兄・姉が保育所児または認定こども園に在園もしくは特別支援学校幼稚部、知的障害児通園施設、難聴幼児通園施設、肢体不自由児施設通園部および情緒障害 児短期治療施設通所部に通うまたは児童デイサービスを利用する就学前児童である園児についても第2子以降の優遇措置の対象となります。(施設通園の場合は 受給者証のコピーを添付してください)
<新条件>

小学校1・2・3年生の兄・姉を有する事実上の第2・3子については、第2・3子の補助限度額を補助対象とすることが可能です。その条件に該当する園児については、以下の表の補助限度額となります。
補助区分
補助額(年額・円)
第2子
第3子以降
1 生活保護世帯
240,000
299,000
2 平成22年度に納付すべき市民税または市民税所得割額が非課税となる世帯
218,000
299,000
3 平成22年度に納付すべき市民税所得割額が34,500円以下となる世帯
155,000
299,000
4 平成22年度に納付すべき市民税所得割額が183,000円以下となる世帯
108,000
299,000
第2子:小学校1・2・3年生の兄・姉を一人有しており、就園している場合の最年長の園児
第3子以降:小学校1・2・3年生の兄・姉を一人有しており、同一世帯から二人以上就園している場合の上記以外の園児及び小学校1・2・3年生に兄・姉を二人以上有している園児
※兄・姉が保育所児または認定こども園に在園もしくは特別支援学校幼稚部、知的障害児通園施設、難聴幼児通園施設、肢体不自由児施設通園部および情緒障害 児短期治療施設通所部に通うまたは児童デイサービスを利用する就学前児童である園児についても第2子以降の優遇措置の対象となります。(施設通園の場合は 受給者証のコピーを添付してください)

一宮市公式ホームページより引用 [一宮市福祉こども部保育課(TEL0586-28-9024)]
スクールバスは、朝8時(予定)に園を出ます。
徒歩通園の方は8時半~9時の間に登園して下さい。
降園時刻は平日午後3時・水曜日は同2時です。(従来通り冬期約3ヵ月間は、平日午後2時30分・水曜日同2時降園になります。)
最終バス出発時刻(月毎に異なりますが、降園時刻の約1時間後)までは幼稚園にて無料でお預かり致します。
平成14年度より土曜日は公立小学校と同じく休園日となっております。
通園バスを利用される方は定められた停留所に定刻より前に出てお待ち頂きますが、雨や雪や交通事故に起因する渋滞で、何十分も寒空の下で待つのは大変な事なので、H16年度に携帯連絡メールシステムを導入しました。
便利な三つの機能
(1) 園からの緊急連絡をメールで一斉に送信します。
※天候による園行事の変更・催否、地震等の災害や事故等の緊急連絡
※携帯を使わない方の為には従来の緊急電話連絡網があります。
(2) 通園バスの接近を保護者の携帯メールに自動的に送信します。
(3)携帯サイトで通園バスの運行状況を随時確認できます。
※電話会社のメールサーバーの都合で遅配が起きる事があります。
※入園料・入園検定料・授業料は非課税、その他は内税で提示してあります。
卒園記念品代、その他の寄付金のお願いは一切致しません。
※入園料等の納入金は原則としてお返し致しません。 (但し入園前の保護者の転勤は申出による)
※課外教室(絵画・体操・漢字・音楽等教室)については年中児より、英語教室は年少児より参加受付をしております。
絵画講師
課外でも大変人気のあるお髭の中村 英先生は、中日文化センター・朝日カルチャーセンターから請われて、一般の方々に水彩画指導講師として活躍し又、幼稚園、保育園の先生を対象に美術教育の講演をなさるなど、児童画にも大変造詣の深い先生です。
年少から水彩を採用し、描く事の他にスチレン版画、立体造形、工作等も沢山採り入れています。
毎月3~4週(おじま幼・金曜日)の出講日は園児だけでなく職員も待ち遠しく中村先生の指導を受けているので、担任の指導力も高まります。
実際、工作の後は大概自分の作ったもので遊んだり、競い合ったり、子どもらしい歓声を上げて楽しんでいます。また絵画展の入選者名を新聞等で見ると、小 学校でも、おじま幼稚園卒園生の子の名前をよく見掛けます。
体育講師
カワイ楽器の経営する カワイ幼児体育教室の専門の先生が派遣され、毎月1回楽しいカリキュラムで体育遊びの授業が展開されます。カリの内容は、マット・跳び箱・鉄棒・ボール遊 び・縄跳び、そして夏のプールでは年少組の楽しい水遊びから、顔つけ・潜水・伏し浮きの順をおって、年長の8月にはクロールのフォーム直しまで進みます。
外部講師の指導を受けて、夫々の学年にあった遊びは、最終的にドッヂボールやサッカーゲームを楽しみ、縄跳びでは後ろ綾跳び連続何十回の子も輩出してい ますが、殆どの子が前跳びが出来る様になるのがすごい事だと思います。
英語講師
国際化の風潮がますます強ま り、いよいよ小学校高学年でも平成23年度から英語の教科化が実施されます。 評価はつきませんが、実質的に中学からだった英語が小学校から始まるわけで す。おじま幼稚園では平成10年度より北方幼稚園では平成11年度よりエリックという塾から英語のネイティブスピーカーの派遣講師による課外の英語教室を 開いております。また平成13年度からは課内においても月3~4回、全学年に対し楽しい英語の遊びが展開されています。
『預かり保育』は働く親さんの便 宜を考慮して、平成10年度より実施しております。これは会員になった方に幼稚園の降園時刻以後、お子さんを安全に楽しく、そして他学年の子とも仲良く一 緒に遊び、保護者の方がお迎えにいらっしゃるまで(最終は5時50分)有料で、お預かりするものです。

・会員期間を選択し、保護者署名をして会費を納めた会員は一回200円 (おやつ代含む)の利用料で、『預かり保育』を受けられます。
・上記の会員でなくても、本園の園児は単日会員の利用で『預かり保育』を受けられます。

年会員の会費  4,000円
学期会員の会費 ( 4 月~ 7 月) 1,600円
(夏期保育会員) 1,600円
(9月~12月) 1,600円
(1月~3月) 1,600円
上記会員の利用料 (おやつ代を含む)一回 200円
単日会員の利用料( 1 回毎に)おやつ代を含む
平 日  500円 / 13時降園日( 夏期保育等)700円 / 午前保育の日 (お弁当が必要です)800円
早朝預かり保育について
上記とは別に朝の預かり保育も実施しております。朝7:55より
利用方法は職員配置の都合により週単位又は月単位で事前にお申込み頂きます。
週単位の利用料は300円、月単位の利用料は1,000円です。
例)一週間の保育日数5日中、1日のみでも5日間すべて利用しても300円です。
『夏休み』は一般に小学校では7月21日から8月31日迄ですが、当園ではその期間に夏期保育を次の3回に分けて実施しております。
尚、夏期保育は毎月の授業料の内で運営しております。
夏期保育 パート(I) 第1学期終了に続き7月24日まで
夏期保育 パート(II) 8月1日から8月10日まで
夏期保育 パート(III) 8月20日から8月31日まで
(但し、土曜日・日曜日と祝祭日は休園)
7月最終の約1週間と、8月お盆前後の1週間程が、実質的な夏休みとなっております。
私たちの幼稚園では年少児・年 中児・年長児それぞれの学齢に応じて必要な教育・躾はもちろん、なにより多くの楽しい経験を子どもたちに体験させて上げることと、それを通して、親切な 心、思いやりの心を育て、困難にも立ち向かっていける逞しい意欲を培うことを重要と考えております。どこの園でも行う敬老会、運動会、遠足等の他に、私た ちの園では、ロジング(宿泊保育:内容が多彩)、ミュージックベル(全国ベスト3に多回入賞)、石上げ登山、ボディペインティング等、その他盛り沢山でユ ニークな体験を、子どもたちは毎回楽しんでおります。
この幼稚園を選ばれる保護者の方々の声を聞きますと、多くの方が「子どもたちに沢山の良い経験をさせてくれるから、おじま幼稚園に入園させました。」と、お話下さいます。

平成22年9月1日
学校法人宝珠学園 おじま幼稚園長